■プロフィール

いでき@樹舎

Author:いでき@樹舎
FC2ブログへようこそ!
札幌のゲストハウス樹舎(いつきや)の宿主です。
下のリンクからHPやFBページも覗いてみて下さい!

■リンク
■最新記事
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

札幌の街中で北菓楼のケーキセットを食す、そして「アレ」の耳のはなし。
砂川に本店がある北菓楼。北海道開拓おかきやシュークリーム、バウムクーヘン等が人気の道内でも指折りの菓子製造・販売会社です。これまでも札幌市内のデパート等で買い求めることは出来ましたが、このたび札幌では初の路面店、札幌本館がオープンしました。1926年に北海道庁図書館として建てられ、その後は道立公文書館として使用されてきた歴史的な建造物をリニューアルしたものです。

IMG_4711_convert_20160331093304.jpg

1階は販売コーナー。札幌本館限定の洋菓子も用意されていますが・・・今回のお目当てはカフェスペース、2階に直行です。白で統一されたインテリアと天井まで連なる壁一面の書棚が印象的な内装デザインは安藤忠雄氏が手掛けています。

IMG_4745_convert_20160331093335.jpg

で、オーダーはもちろんケーキセット750円。お好きなケーキ1つ(いできチョイスはスノーマウンテン、チーズケーキの上品な酸味がムフフな逸品でした!)とシフォンケーキ、ソフトクリーム、そしてドリンクの4品。砂川の本店では617円で食べられるんですけどね。まあ、札幌の中心部でこのクォリティー、この値段ならば納得です。自動ピアノが奏でる心地よい演奏に耳を傾けながら野郎ひとり、お昼前の優雅な時間を過ごしました。

IMG_4753_convert_20160331093400.jpg

ここからは番外編。パンに耳があるようにバウムクーヘンにも耳がある!?北菓楼の隠れたヒット商品「シェフのおやつ」。バウムクーヘンの製造過程で発生する切れ端を箱詰めしたものです。通常の販売ではなく、札幌駅のエスタ店、大通の丸井今井店、三越店で開店10分前に先着順に整理券が配られます(札幌本館では取り扱っていないのでご注意を)。1日当たり限定20~30個の販売なので行列必至です!で、お味の方は・・・いい意味で甘味にバラツキがあって、個人的には正規品(?)よりも旨いと思います!300グラムはそこそこのズッシリ感。これで369円、おトク感アリです。

IMG_4725_convert_20160331093423.jpg

食べる | 09:47:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
お帰りなさい、豊平館!
IMG_4618-1_convert_20160228152632.jpg

樹舎からほど近く、緑豊かな札幌市民のオアシス、中島公園。そのシンボルとも言える「豊平館」は国の重要文化財に指定されています。かつては高級ホテルとして大通に立地し、開拓の歴史を見つめてきた洋風建築が、幾多の曲折を経てこの地に移築されて60年余り。ここ3年は耐震補強工事等に伴って2メートルほどの木製フェンスで覆い隠されていたのですが、昨年11月に外装工事を終えて、再びその瀟洒な姿を拝むことができるようになりました。白とウルトラマリンブルー(ラベンダー色?)に塗り分けられた外観からは何とも言えぬ気品が漂って、ご近所であることを差し引いても一見の価値のある素敵な建物です。

IMG_4617_1_convert_20160228152844.jpg

裏手にはガラス張りの別館が新設されました。渡り廊下で本館と直結していて、エレベーターとトイレが備え付けられています。本館の内装工事等がまだ残されているようで、リニューアルオープンは今年6月。これまで市営の結婚式場として利用されてきましたが、今後は昼間は観覧施設、夜間は貸室施設として利用されるそうです。

コピー+(1)+~+P1040697_convert_20160228152929

こちらの画像は2012年5月、桜の開花時期のもの。あと2か月もすれば再びこんな光景にお目に掛かれるかと思うと、なんだか今からワクワクします!



観る | 15:38:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
スープカレー強化月間!?
道民に親しまれているソウルフード、スープカレー。スパイスの効いたさらさらのスープに大ぶりなチキンレッグや豚の角煮、ごろごろ野菜と多彩なトッピング・・・食べ応えもあるし、何よりもこの季節、冷え切った身体には有難い札幌観光の定番メニューですね。1月の樹舎はスープカレー強化月間(!?)ということで、すすきの界隈や樹舎のご近所のお店を食べ歩いてきました。ラーメンの好みが分かれるように、スープカレーのお気に入りも人によって様々。そんなわけでこの場で旨い不味いを語るような無粋な真似はしませんが、宿主いできの好きなお店ならば教えて差し上げます。もちろん、樹舎にお泊り頂いた方限定ですけどね!★以下、お店は順不同です。

■soup curry Suage +(スアゲ プラス)
http://www.suage.info/#
P1090421_convert_20160131140349.jpg

P1090420_convert_20160131140416.jpg

■Soup Curry SAMURAI. さくら店(スープカレーサムライ)
http://samurai-curry.com/
P1090426_1_convert_20160131140447.jpg

P1090424_1_convert_20160131140511.jpg

■スープカリーイエロー(soup curry yellow)
http://www.yellow1996.com/
P1090441_1_convert_20160131140538.jpg

P1090438_1_convert_20160131140559.jpg

■RAMAI(ラマイ) 札幌中央店
http://www.ramai.co.jp/
IMG_4372_convert_20160131140626.jpg

IMG_4369_1_convert_20160131140654.jpg

■スープカレーGARAKU(ガラク)
http://www.s-garaku.com/
P1090450_convert_20160131140727.jpg

P1090449_1_convert_20160131140750.jpg

■奥芝商店 札幌本店
http://okusyo.com/
P1090462_convert_20160131141007.jpg

IMG_4420_convert_20160131141027.jpg

■メディスンマン(MEDICINEMAN)
HPが見つかりませんでした・・・
IMG_4417_convert_20160131141047.jpg

IMG_4415_convert_20160131141105.jpg



食べる | 14:39:57 | トラックバック(0) | コメント(1)
市電ループ化が樹舎にもたらす光と影!?
札幌市電・・・日本最北の路面電車です。チンチン電車の風情を残すその姿は四季を通じて街の風景に溶け込んで、次世代に残したい北海道の宝物として「北海道遺産」にも選ばれています。

rosenzu_convert_20151224200328.jpg

今月20日、札幌市電のループ化運行が始まりました。緑の線が従来の路線。このたび西4丁目・すすきの間を結ぶ赤い実線で記された400m余りの新たな路線が開通しました。沿線住民やウチのゲストにとっても利便性が高まるグッドニュースなのですが、樹舎的には厄介と言うかちょっと残念な出来事でありまして・・・。

ロゴロゴマーク原本_convert_20151224182009

こちらは皆さんご存知の(?)樹舎マーク。実はこの青いラインは市電の路線図をモチーフにしたものなのです。ちなみに赤いピンが刺さっている辺りに樹舎がありますよっていう意味が込められています。ループ化されたことで、今後はこのマークに刷新???

ロゴマーク原本ko_convert_20151224182032

しませんって!

樹舎 | 20:12:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
70年代にタイムスリップする方法
11月の初旬、たまたま立ち寄った札幌駅前の紀伊国屋で「札幌の街を地図と航空写真で見てみよう!」なるイベントが開催されていました。地図好きを自認する宿主いでき、開拓期の札幌近郊の古地図に興奮を抑えきれなかったわけですが、最大の収穫はプリントして頂いた航空写真でした。

2015-11-29+70年代のコピー_convert_20151129112652

1974~1978年の札幌の市街地、中島公園付近のものです。この場所でゲストハウスを開業するにあたって、かつての中島公園には野球場や遊園地があったことはネットで調べて知ってはいたのですが、こうしてビジュアルを突き付けられるとある意味衝撃的ですらあります。

ちなみに最新版(2007年~)はこちら。拡大すれば樹舎の建物も確認できますが、前庭が緑で覆われているのでゲストハウス開業前だと思われます。

2015-11-29現在のコピー_convert_20151129112711

人々の暮らしと共に街は少しづつ変わってゆくもの。あなたの住んでいる街の移り変わりを航空写真で確かめてみるのも面白いかも、ですよ!
国土地理院のHP(http://www.gsi.go.jp/)から見ることができます。




樹舎 | 16:11:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
札幌近郊の紅葉
札幌は25日に今シーズンの初雪を観測しました。根雪になるのはまだ先の話ですが、去り行く秋を惜しんで、今回は札幌近郊の紅葉・黄葉風景をお届けします。

豊平峡ダム・・・鮮やかな紅葉と、黒いカーブを描く巨大なダムの影が印象的です。
IMG_3510_1_convert_20151030153127.jpg

真駒内公園・・・広大な自然林が残る都市公園。
IMG_3578_1_convert_20151030153207.jpg

平岡樹芸センター・・・もみじの「紅」が最も鮮やかな場所です。
IMG_3661_1_convert_20151030153256.jpg

モエレ沼公園・・・彫刻家イサム・ノグチがデザインしたアートと紅葉のコラボレーションが見事です。
IMG_3729_convert_20151030153343.jpg

北海道大学イチョウ並木・・・金葉祭の期間中はライトアップされます。
IMG_3686_1_convert_20151030153317.jpg

円山・・・30分ほどのプチ登山で市街地を見下ろせる絶好の紅葉スポット。
IMG_3597_1_convert_20151030153231.jpg

中島公園・・・樹舎のご近所、市民の憩いの場でもあります。
IMG_3757_convert_20151030153405.jpg

大通公園・・・説明は不要ですね~。
IMG_3467_convert_20151030153451.jpg

観る | 16:47:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
羊の島、鳥の島
焼尻島と天売島に行ってきました。高速船の夏ダイヤなら札幌からの日帰りも可能なのですが、そこは島旅。羽幌のフェリーターミナルに車をデポして、マイチャリ持参でぶらぶらしてきました。

IMG_2929_convert_20150927164612.jpg

焼尻島
サラリーマンを辞めた年の夏、北海道をチャリ旅した時以来の再訪。強風によるフェリーの欠航が続いて3日間足止めを食った苦い思い出の地でもあります。島の中央部を東西に貫く一本道は、草原と青い海が道の両側に広がる自転車のためにあるようなご機嫌な道。めん羊牧場ののどかな風景もいいですね。ちなみに焼尻はイギリス・サフォーク州原産の食用羊「サフォーク種」の国内有数の産地。「羊の島」とでも言っておきましょう。緩やかな坂を上り詰めた西南部の「鷹の巣園地」は360度のパノラマビュー。午後のフェリーで渡る天売島の上に白い雲がぽっかりと浮かんでいました。


IMG_2938_1_convert_20150927164655.jpg

IMG_2942_1_convert_20150927164726.jpg

IMG_2963_convert_20150927164809.jpg

天売島
前述の焼尻島での足止めのせいで断念して以来、7年越しに念願の初上陸を果たしました。今宵の宿は「島の宿 大一」、最も安い宿泊プランでしたが大満足の夕食でした。アワビ食べたのっていつ以来かな?港越しのオーシャンビュー、夕日に赤く染まる利尻富士が感動モノです。


IMG_2993_convert_20150927164928.jpg

IMG_2987_1_convert_20150927164957.jpg

焼尻が「羊の島」ならば、こちらは「鳥の島」。断崖の続く北西海岸は絶滅危惧種のオロロン鳥(ウミガラス)を始めとする海鳥たちの一大繁殖地になっています。島の西端、赤岩展望台はさながら海にせり出したバルコニーのよう。青い海と眼下の赤岩が印象的な風景です。春から夏にかけてはバードウォッチャーが数多く詰めかけますが、海鳥たちが既に子育てを終えた9月はシーズンオフの佇まい。唯一営業していたお食事処「炭火海鮮番屋」で旨い海鮮丼に舌鼓を打たせて頂きました。

IMG_3009_1_convert_20150927165035.jpg

IMG_3054_1_convert_20150927165107.jpg

IMG_3042_1_convert_20150927165138.jpg

IMG_3045_1_convert_20150927165210.jpg

IMG_3051_convert_20150927165241.jpg

厳しい登り坂もありますが、どちらの島も2時間もあれば自転車で1周出来てしまうほどの大きさ。歩いて回る人もちらほら見かけたので、わざわざ自転車を持って行かなくていいかもしれません!?爽快な風景とゆっくりと流れる島時間を堪能した2日間でした。

IMG_3072_convert_20150927165308.jpg


| 17:11:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
ランチパスポートの最新号出てます!
ランチパスポート札幌の最新号出てます。今回は大通&札幌駅リクエスト版!これを提示すると札幌駅・大通周辺の80店舗の指定のランチメニューをワンコイン500円で食べられます。ちなみに通常価格が最も高い某店の豚カルビ定食1280円も500円。パスポート自体は税込み1058円なので2回利用すれば元が取れちゃいます。1冊を複数人で使いまわさない等のルールはありますが、そんな制約を補って余りあるお得感ですね。地元民はもちろんのこと、札幌に長期滞在される方にはオススメです。

copyP1090067_1_convert_20150829173508.jpg

ところで、値段の高いランチを食べてお得感を最大限に満喫したいと思うのは、宿主いできの小市民ゆえの悲しい性でしょうか。ランパス発売直後に前述の豚カルビ定食のお店に勇んで出向いたところご覧のような大行列が!皆さん考えることは同じなんですね。ここはもう少しほとぼりが冷めるまで待つことにしましょう・・・。

P1090072_convert_20150829173532.jpg

気を取り直して今週はランパス片手にランチ行脚してきました。

某店のビーフハンバーグカレー、通常価格1050円が500円!

P1090061_convert_20150829173556.jpg

某店の海鮮丼、通常価格1050円が500円!!
P1090077_1_convert_20150829173616.jpg

某店のハンバーグ&ローストビーフ丼、通常価格864円が500円!!!
P1090087_1_1_convert_20150829173638.jpg

今回のランパスの有効期限は2015年11月20日まで。札幌ランチ行脚はまだまだ続きます!

食べる | 17:59:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
札幌すすきのラーメン館、全店制覇!
先月末、札幌に新たなラーメンの殿堂が誕生しました。その名も「札幌すすきのラーメン館」。HPには「ラー館」って書いてあります。札幌市内にはすすきのに「元祖ラーメン横丁」と「新ラーメン横丁」、駅ビルに「らーめん共和国」という聖地がありますが、いずれも北海道のお店が中心。「ラー館」は道外の有名店が北の大地に集結したという点で画期的です。道外からの観光客はもちろんですが、普段あまり食べられない内地のお店を味わえるということで地元民にも喜ばれそうですね~。

P1080816_convert_20150724211704.jpg

そんなわけで宿主いでき、この度「ラー館」全店制覇致しましたので、画像にてご報告。らーめんの好みは人それぞれですが、スープや麺、具材に土地柄やお店の個性が出ていて面白いですね。2度、3度と通って食べ比べする価値はありそうです(と言っても9店ありますが・・・)。

AAA1菜々兵衛_convert_20150724211107
■菜々兵衞(札幌・期間限定出店でもうありません・・・)白湯塩

AAA2だるま_convert_20150724211135
■だるまNORTH JAPAN(福岡)ばりねぎ

AAA3コクミンショクドウ_convert_20150724211226
■コクミンショクドウ(札幌)しおらーめん

AAA4麺組_convert_20150724211253
■らーめん麺組(宮城)しお

AAA5まこと屋_convert_20150724211322
■ラーメンまこと屋(大阪)牛骨らーめん

AAA6亜呉屋_convert_20150724211352
■山形飛鳥 亜呉屋(山形)あごだし中華そば

AAA7きび_convert_20150724211419
■支那そば きび(東京)鶏そば

AAA8東大_convert_20150724211443
■東大(徳島)味玉

AAA9一燈_convert_20150724211507
■豚骨一燈(東京)濃厚魚介らーめん

AAA10えび金_convert_20150724211535
■築地えび金(東京)えびそば

この1か月、ほぼ2~3日おきにオープンの時間に合わせて自転車で乗り付けていたものだから、呼び込みのスタッフさんに顔を覚えられました・・・。場所柄、書き入れ時は夜のようで、平日の昼間は比較的空いてますよ~。

食べる | 21:48:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
TOUR DE RED STAR!
北海道で赤い星といえば「五稜星」。北極星をモチーフにしたそのマークはフロンティアスピリットの象徴として、開拓使時代に建てられた西洋建築の装飾や様々な施設の旗章等に数多く用いられてきました。分かりやすいものではサッポロビールの前身、開拓使麦酒醸造所の星もそのひとつ。移築されたものを含め、札幌市街には五稜星が施された当時の建物がいくつか残されていて、今回はこれらを自転車で巡るTOUR DE RED STAR!(←勝手にネーミングしてます!)のご提案です。ざっと見て廻るだけなら半日もあればOKですが、北海道の歴史に思いを馳せながら1日かけてじっくりとご覧になるのが良いと思います。市街地は坂道が少ないので、変速機の無いママチャリでも大丈夫!1日500円で借りることができる駅チャリさっぽろがおススメです。季節は夏、あなたも札幌の街を自転車で颯爽と駆け抜けてみませんか?

豊平館:樹舎のご近所、中島公園の中にあります。耐震工事中につき建物内に入ることはできませんが、フェンス越しに白とウルトラマリンブルー(ラベンダー色?)に塗り分けられた瀟洒な姿を見ることができます。

copyIMG_1825_1_convert_20150630145102.jpg

札幌市時計台(旧札幌農学校演武場):今さら説明するまでもない超有名観光スポット。カントリーサインのデザインとして使用される等、札幌を象徴する建物に位置付けられますが、一方でがっかり名所などという有難くない呼び名もあります・・・。

copyIMG_1827_1_convert_20150630145133.jpg

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎):約250万個のれんがで作られた日本の明治期を代表する建築物で、重要文化財に指定されています。一般公開されているので中に入ることができます。

copyIMG_1828_1_convert_20150630145158.jpg

北大植物園博物館本館:重要文化財に指定されていて、現役の博物館建築としては日本最古のものだそうです。動物標本を中心とした展示は見応えあり!緑豊かな北大植物園の敷地内にあります。

IMG_2581_convert_20150630151520.jpg

清華亭:住宅街の一角にひっそりと佇んでいて、知らなければただの古い家といった風情ながら、明治天皇札幌御行幸の際に貴賓接待所として使われた由緒ある建物です。

copyIMG_1835_1_convert_20150630145223.jpg

サッポロビール博物館:日本で唯一のビール博物館で、北海道遺産のひとつにも指定されています。隣接するビール園でジンギスカンに舌鼓を打ちつつグビっといきたいところですが、自転車の飲酒運転はNGですよ!

copyIMG_1836_1_convert_20150630145252.jpg

そして・・・〆のらーめんにこちらのお店はいかがですか?

copyP1080774_1_convert_20150630145322.jpg

札幌市の公式観光サイト ようこそ札幌のページはこちら



観る | 15:31:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad