FC2ブログ

「風のかたりべ アイヌ工芸品展」

P1050713_convert_20130323220752.jpg

道立近代美術館で開催されている「風のかたりべ アイヌ工芸品展」。24日の最終日を前に足を運んできました。同展の主旨は「現代という時代の中で、表現の幅を広げつつあるアイヌ民族の美の世界を、現代作家の作品100点により紹介します(以上、HPより)」というもの。でも、僕的には19世紀から20世紀にかけての伝統的なアイヌ工芸品の展示の方が気になります。長い歳月を経たものだけが醸し出す凄みみたいなものに否応無く魅かれてしまうのです。特筆すべきは彫刻でしょうか。イクパスイ(神や先祖にお神酒を捧げる時に使う儀礼具のひとつ。イク「酒を飲む」・パスイ「箸」の意)やイタ(お盆)、マキリ(小刀)を始めとする展示品には実に繊細な細工が施されていて、熊の置物やニポポ人形のような素朴と言うか、武骨と言うか、少々荒っぽい細工しかイメージできなかったこれまでの僕の勝手な思い込みを、思いっきり覆してくれて痺れました。アイヌの精神世界では、真心を尽くして作ったものには良い魂が宿ると信じられていたんだとか。そうして作られ、使われてきたものには自然と造形美が備わるのでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いでき@樹舎

Author:いでき@樹舎
FC2ブログへようこそ!
札幌のゲストハウス樹舎(いつきや)の宿主です。
下のリンクからHPやFBページも覗いてみて下さい!

リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR