fc2ブログ

札幌市電、8月のひとコマ×3

札幌市中央区民の通勤・通学に欠かせない生活の足と言えば札幌市電、路面電車です。そんな札幌市電のこの夏のひとコマ×3・・・。

DSC_2458_convert_20220831110017.jpg

8月1日の札幌の市制施行100周年を記念して24年ぶりに運行された花電車。冬場のレールの除雪を担っているササラ電車を飾り付けたものです。

copyP1080414_1_1_convert_20220831110037.jpg

こちらがササラ電車(形式は違いますが・・・)、冬場の除雪作業風景です。因みに24年前はコンサドーレのJ1昇格をお祝いしたものだったそうです。

DSC_2495_convert_20220831110100.jpg

ポケモン号?ポケモンGO号??樹舎のご近所、中島公園をメイン会場に札幌市内で開催されたPokémon GO Fest 2022 Sapporo(8/5~8/7)とのコラボ企画、ポケモンデザインの車両が運行中です。「ポラリス(A1200形)」にラッピングが施されたのは初めてじゃないかな?

DSC_2490_convert_20220831110119.jpg

安くて旨いコスパ最強の北海道土産と言えば白いブラックサンダー(私見)。今春からラッピング車両が運行されています。

DSC_1833_convert_20220831110138.jpg

こちらは運行初日に狸小路で配布されていたノベルティ。マニアには垂涎ものかも!?

花電車の運行は8/21で終了しましたが、ポケモン号は2023年3月9日まで、白いブラックサンダー号は少なくとも2022年度内は運行が続く予定なので、まだまだ沿線で見かけるチャンスはありますよ~!

スポンサーサイト



3年ぶりの・・・

この6月の札幌。よさこいソーランやら、札幌まつりやら、フラワーカーペットやら、今年は様々なイベントが「3年ぶり」のリアル開催に漕ぎ着けました。もちろん、コロナ前と同規模の宴は未だに望むべくも無いのですが、でもね。久しぶりに味わうそこそこの解放感に、心躍らずにはいられない自分がいます。ただ、屋外でのマスクのルールが見直されつつあるとは言え、開放感に浸り過ぎて、心躍り過ぎて、周りの他人様を不愉快にさせるような振る舞いは厳に慎みたいものです(いちいち例えは出しませんが!)。

DSC_2321_convert_20220629114625.jpg
よさこいソーラン祭り、大通8丁目のメイン会場。演舞は有料席からしか見れないんだとか。まあ、今年に関しては開催することに意義があるのかな?

DSC_2316-1_convert_20220629114718.jpg
そもそも演舞よりもグルメに食指が動く性分なもので、北海道内外のグルメを集めた北のふーどパーク(大通西5、6丁目)、お昼時に覗いてきました。3年前に比べると店の数も人の数もだいぶ少な目な印象ですが、久しぶりに味わうこのシチュエーション。けやきの木陰で昼間っからビール、しみじみ最高でした!

DSC_2345_convert_20220629114757.jpg
初夏の訪れを告げる札幌の風物詩「さっぽろ祭り」、ご近所の中島公園。例年ならば400軒余りの露店が通路の両サイドにひしめき合うように並んでいるメイン会場の一つですが、コロナ禍ということで今年は通路片側だけの出店となり、お店の数自体も4割ほどに抑えられているんだとか。それでも、初日のお昼時としては結構な賑わいでした。皆さん、祭りに飢えていたんですね~。

DSC_2364_convert_20220629115105.jpg
さっぽろ祭り最終日、雨交じりの曇天という生憎のお天気の中、恒例の神輿渡御が行われました。笛と太鼓の音を響き渡らせながら、リアル平安絵巻の行列が札幌の中心部を練り歩きます。

DSC_2382-1_convert_20220629114838.jpg
サッポロフラワーカーペット2022。花びらや自然素材で大きな絵を作り上げる市民参加型のアートイベントです。コロナ前に比べると小規模ですが、色鮮やかなカーペットは見応えがありました。

DSC_2378_convert_20220629114902.jpg
大通公園12丁目のバラ園、7月半ばまでが見頃です!

7月の札幌の「3年ぶり」は、さっぽろ夏まつり(大通ビアガーデン・7/22~8/17)や、道新UHB花火大会(豊平川花火大会・7/29)・・・楽しみでしかありません!

ブロロロ~っと積丹詣で

積丹の夏の名物といえばウニ!と言う訳でこの時期、APE君に跨ってブロロロ~っと積丹詣でに繰り出すのが宿主いできのここ数年のルーティーン。今年に関して言えば、コロナ禍でまともな稼ぎが無い中、贅沢極まりない愚行なんですが「これ喰っとけば頑張れる!」的なモチベーションが無いと心が折れてしまいそうなんですよ~(笑)。で、今回は漁師直営店お食事処「みさき」にて。1杯5000円超のバフンウニにはとてもじゃないけど手が出せないので、ムラサキウニ丼一択です。もちろん、納得の至福の1杯です。

DSC_1080_1_convert_20210630123732.jpg

積丹のもう一つの魅力と言えば、積丹ブルーとも称される魅惑の青い海!コバルトブルーとエメラルドグリーンの色鮮やかなグラデーションが何とも言えません。断崖絶壁が続くダイナミックな自然の造形との対比が美しさを更に際立たせます。今回訪れたのは島武意海岸。最寄りの駐車場から遊歩道のトンネルを抜ければ展望デッキ。いきなりの絶景が出迎えてくれます。

DSC_1067_1_convert_20210630123805.jpg

ここからの眺めだけでも充分ですが、せっかく来たんだから下まで降りてみましょう。海岸までの標高差70メートル、登り返すことを考えると躊躇してしまいそうですが、考えることは皆さん同じなようで、意外と人は少なめです。ちなみに、ゴロゴロの石で埋め尽くされた波打ち際は「日本の渚百選」にも選ばれています。

DSC_1075_convert_20210630123859.jpg

DSC_1077_convert_20210630123926.jpg

DSC_1076_convert_20210630123949.jpg

札幌からだと積丹半島ぐるっと1周およそ300キロ、夏の日帰りツーリングにおススメのルートです。

ティラノサウルスに会いに行って来た!?

コロナ禍の昨今、Googleマップの中を彷徨うのが密かなマイブーム。バーチャルな旅に出て鬱憤を晴らすのも悪くないけど、札幌近郊の普段からよく行く場所の「この先はどうなってるんだろう?」的なささやかな好奇心を満たすのに役立っています。

で、行きつけの酒屋さんの近所をGoogleマップで徘徊していると・・・ティラノサウルス?これは行くしかないでしょ!もちろん、密とは無縁のチャリで!


bg_koukasen_nobg1のコピー_convert_20210528113211

注)賢明な読者はご存知でしょうがGoogleマップ、この「ティラノサウルス」をクリックすれば当該画像が出てきます。今回は大人の事情でその辺は見なかったことにして、現地に辿り着くまで「どうなってるんだろう?」的なワクワク感を抱えて出向いたものと忖度して頂ければ幸いです(笑)。

樹舎からチャリを漕ぐこと40分余り。市の清掃工場や建設会社のプレハブ等が点在するどちらかと言えば殺風景な山間のエリアの片隅に突如現れたのは、なるほどティラノサウルスでした!

DSC_0990_convert_20210528113731.jpg

ユニットハウスを突き破って出てきたテイの迫力満点の勇姿!案外、しっかりと作り込まれています。鉄パイプで無造作に支えられた姿は、贔屓目に見れば横浜に出来た実物大ガンダムを彷彿とさせなくもない。願わくば、煙吐いたり動いたりしないかな~。

DSC_0986_convert_20210528113946.jpg

解体工事を請け負う会社の私有地のようなので、どこぞの施設のアトラクションとして活躍した後、この場所で余生を過ごしているものと察しますが、ネットで検索した限りでは確たる真実にはたどり着けませんでした・・・。

DSC_0998_convert_20210528113819.jpg

で、行きつけの酒屋さん。樹舎でゲストの方に提供する焼酎の仕入れでちょくちょくお世話になっている「仙丸」。一般的なプレミアムモノも比較的リーズナブルな値段で入手できる、宿主いできのお気に入りです。併営の「果林樹」は札幌ではソコソコ有名なジェラートのお店でもあります。

DSC_1002_convert_20210528113847.jpg

このところゲストさんはさっぱり来ないので、今回は自分用にお馴染みの「魔王」と、お初の「悪魔の抱擁」をゲットしました。お察しの通り、後者はジャケ買いならぬラベル買いです(笑)。

札幌で最も男のロマンに浸れる場所!?

札幌で1番高いビル、JRタワーの展望フロア「T38」。札幌中心部の東西南北、ぐるっと360度の展望を満喫できます。

北側。広大な石狩平野の先に日本海、そして暑寒別山系。

DSC_1001_convert_20210429130152.jpg

東側。眼下の駐車場は再開発用地。条件が良ければ遠く十勝山系も望めます。
DSC_0983_convert_20210429130313.jpg

南側。大通・すすきの界隈を見下ろす北海道経済の中心地。
DSC_0981_convert_20210429130403.jpg

手稲山から藻岩山の稜線が迫る西側。小樽方面に伸びる鉄路が旅情を誘います。
DSC_0976_convert_20210429130446.jpg

緑豊かな北大キャンパス、お馴染みの「ポプラ並木」と「平成のポプラ並木」。
DSC_0999_1-1_convert_20210429132242.jpg

ビルの谷間にポツンと旧道庁赤レンガ。
DSC_0997_1_1-1_convert_20210429132318.jpg

東急百貨店。未だに屋上に遊具があるのは札幌ではここだけです。
DSC_0993_1_1-1_convert_20210429132351.jpg

そして、男子限定でこの上ないロマンに浸れる場所がここ!ある意味、天下取った気分になれます!!
DSC_0989_convert_20210429131947.jpg

2030年の新幹線乗り入れを控え、札幌駅周辺の大規模な再開発が続々と発表されています。JRタワーを囲むように、これまでのところ3つの超高層ビルの建設が計画されていて、駅界隈の景観は様変わりしそうです。そうなると、この開放感や爽快感に浸れるのは今のうちかもしれませんよ~。

プロフィール

いでき@樹舎

Author:いでき@樹舎
FC2ブログへようこそ!
札幌のゲストハウス樹舎(いつきや)の宿主です。
下のリンクからHPやFBページも覗いてみて下さい!

リンク
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR